HOMEとかちダルク事業概要

とかちダルクケアセンター事業概要


事業目的ナイトケア事業相談事業ダルクプログラムご利用について(料金)

事業目的

薬物依存症者に共同生活の場を提供し、薬物を使わない生き方のプログラムを実践することによって、薬物依存からの回復を支援する。 回復していくための場、時間、回復者モデルを提供し、ナルコティクス アノニマス(NA)の12ステップに基づいたプログラムによって新しい生き方の方向付けをし、各地の自助グループにつなげていく。

事務所開所時間・・・・・平日9:30~17:00  土曜日9:30~12:00
休日:日曜日・祭日
・祝日


1.ナイトケア事業 <概要>

薬物依存者症者は、病院あるいは刑務所から直ちに社会生活に戻った場合に薬物を再使用する割合が高く、社会復帰に困難を伴う。そのような人たちのためにダルクは、自らの病気を認め、自助グループに通う生活に慣れ、社会復帰をしていくための中間施設としての役割を果たす。 

<内容>
○個別相談 ○生活指導 ○金銭管理 ○健康管理 ○就労援助 


2.相談事業

 <概要>
本人と家族からの相談を受け、問題を整理する。

◇本人に対しては、回復の動機付けをして、医療・ダルクでのリハビリ・自助グループにつなげる窓口になる。

◇家族に対しては、依存症者本人との関わりを見つめ直してもらい適切な援助機関につなげる窓口になる。 

<内容>
○電話相談 ○個別相談(本人、家族)
○関係機関との連携(福祉事務所、病院、協力弁護士等)


●施設

・デイケア

とかちダルクケアセンター 定員20名
木造モルタル2階建 1階 ミーティングルーム 調理場・食堂・休憩室(通所者のための休憩室)  2階 事務所・相談室


・ナイトケア

とかちリカバリーハウス 定員6名
木造モルタル2階建 1階 調理場・食堂・居間・居室2部屋 
2階 居室4部屋

●プログラムとその期間

1日3回のグループミーティングを中心に、スポーツ、レクリエーション、自助グループのセミナー、他ダルクとの合同合宿セミナーへの参加、等。 入寮者には担当スタッフがつき、定期的にカウンセリングを行う。

プログラム期間は各個人によって異なるが、最低13ヶ月が基本プログラム期間(ミーティング中心)である。その後就労・自立・退寮までには更に3ヶ月から1年を要する場合もある。
退寮後は、アフターケアプログラムとして、施設に定期的に通うことを進めている。


ご利用について

2012年開設
リカバードスタッフ2名
*ダルクのスタッフは、ダルクプログラムによって回復した薬物依存症者本人を中心として構成されている。

入寮・通所希望、来所相談、施設見学、講演依頼等はあらかじめお問合せください。
TEL:0155-67-0911 FAX:0155-67-0912
e-mail:recovery@tokachi-darc.org

利用料金

利用料金の内訳

家賃 水・光熱費・日用品
25,000円~29,000円/月 4月~10月 10,000円/月
11月~3月 19,000円/月

GHの食費(朝・晩) 18000円/月

デイケア利用料 3,000円/月 昼食代 2000円/月

そのほかに本人の生活費(こづかい等) 60000円/月


日中の通所のみ(通い)の方は総額5000円/月のみ必要です。
*利用料金の支払困難の方はご相談ください。手持ちのお金がなくとも解決方法を考えます。来所のご相談は無料になっております。ご心配なさらずにお気軽のご連絡の上おいでください。

このページのトップへ